コーヒーを溢してしまったため、チェーン店へ出したら落ちずに返ってきたブラウスのシミ抜き事例です。

シミ抜き処理をした形跡がなく、汗シミも見受けられたので、ドライ処理のみをしたと思われます。『これ以上は生地を傷めます』のタグが付いていましたが、段階を追って丁寧にシミ抜きすれば、キレイに落とすことが出来ます。

このようなトラブルの際は、shimi-yogore.com加盟店までご相談下さい。

この記事を書いた人

斎藤 隆雄
斎藤 隆雄㈱MARS

シミ抜き、高級衣料、きもの、皮革、毛皮、バック、靴と多種多様のアイテムのトータルメンテナンスショップMARSの斎藤です。

『すべてはお客様の笑顔のために』をモットーに、日々精進しております。


ご家庭でのトラブルや他店にてお断りされた商品がございましたら、気軽にご相談下さい。

◯この事例の職人のお店はこちら

◯この事例の問合せ電話はこちら