ここ最近のお客様からのご相談で多いのが、『シルクニットの脇の下が近所のクリーニング店に出しても、白いままの状態で戻ってくる・・。』とのことです。

最初は私もスレて色が抜けたのかと思っておりましたので、色補正すればキレイになると思っておりました。

洗濯表示がドライマークは〇、水洗いは×ですので、ドライクリーニングをすると脇の下がさらに大きく白くなりました・・・。

これは汗の成分が落ちてないんですね・・。

DCIM3259

水洗い×の表示ですので、普通のクリーニング店様はこの状態でお返しとなります。

当店ではウエットクリーニング(手洗い感覚の水洗い)まで致しましたので汗の成分までキレイに落とすことが出来ました!!

DCIM3264

少しスレによる白けた状態の部分は、色修正で目立たなくいたしました。

これで汚れを気にせずにまた着ていただけます!!!

このような事例でお困りの方は、当店 または お近くのしみ・よごれ.com 加盟店までご相談くださいませ!!

 

この記事を書いた人

菅原 孝行
菅原 孝行クリーニングこだま

東京都足立区のクリーニングこだまです。

『しみ抜き』で困ったお客様から毎日、全国各地よりご依頼やご相談をいただいております。

仕上がった品物を見て、感動と喜びを感じていただける仕事をしたい!

お困りのご依頼品をお客様にお渡ししたときに、90%以上の方から『ありがとう!』のお言葉をいただいております。

◯この事例の職人のお店はこちら

◯この事例の問合せ電話はこちら