ユリの花粉が洋服に付いたとき、

落ちにくいことは広く知られているようです。

ご家庭でお水で処理されると

繊維の奥にしみ込んでしまい

取れにくくなります。

今回は、ブラウスにユリの花粉を誤って

付けてしまった事例です。

ご家庭で何もせずにお持ちいただき

お受けいたしました。

特殊しみ抜きによりきれいに落ちました。

このような事例でお困りの方、

当店または、しみ・よごれ.com加盟店まで

ご相談ください。

この記事を書いた人

田沼 一
田沼 一クリーニング工房たぬま
さいたま市浦和区で三代目として営業しております。
クリーニングのイメージアップ、子供達がなりたい職業・・・そんな事を思いつつ、笑顔の素敵なスタッフと一緒にお待ちしております。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話番号はこちら