DCIM3337DCIM3340

当店で一番ご依頼の多い帽子の変色修正です!
今回は仕上がりまでの工程をご紹介いたします(^O^)

DCIM3353

まずは汗などの汚れをキレイに落とします。

DCIM3381

洗った帽子が乾いたら、アイロンで仕上げてから、色修正でワンポイント刺繍などの色修正で色が付かないようにマスキングテープで保護します。

DCIM3389

日焼け部分が元の色に近くなるように、何層かに分けて繰り返し吹付染色していきます。

日焼け部分をわからなくし、元の色に近づけるのが腕の見せ所です(*^_^*)

DCIM3416DCIM3412

いかがでしょうか?

キレイになりました(^_^)/
沢山のお客様に喜んでいただいております!!

このような事例でお困りのときは、当店 または お近くのしみ・よごれ.com 加盟店までご相談くださいませ!!

 

この記事を書いた人

菅原 孝行
菅原 孝行クリーニングこだま

東京都足立区のクリーニングこだまです。

『しみ抜き』で困ったお客様から毎日、全国各地よりご依頼やご相談をいただいております。

仕上がった品物を見て、感動と喜びを感じていただける仕事をしたい!

お困りのご依頼品をお客様にお渡ししたときに、90%以上の方から『ありがとう!』のお言葉をいただいております。

◯この事例の職人のお店はこちら

◯この事例の問合せ電話はこちら